学生でも申し込めるカードローン

成人している人で収入があれば基本的には可能

カードローンの利用にあたっては、まず成人しているということが条件となります。そのため、学生といっても未成年の場合は、その時点でカードローンの利用はできません。申し込み自体ができないことになっていますので、成人するまで待ちましょう。また、消費者金融のカードローンでは、収入がない人は利用不可となっています。親からの仕送りは収入のうちに入りませんのでカウントできません。そのため、まずはアルバイトやパートでも構わないので、自分で収入を得られるようにしましょう。


学生の場合は融資額が低いが賢く使えば大丈夫

成人して自分に収入があるという条件をクリアできれば、多くの消費者金融でカードローンが利用できます。とはいえ、やはり年収も低いですし学生ということで、融資枠は低いものです。しかし、カードローンの融資枠というのは、その額の中であれば何回でも借りられるということですので、上手にやりくりしていけば、学費や遊ぶお金、旅行などに行く費用はまかなえるでしょう。無理のない範囲で上手にカードローンを使って学生ライフを楽しみましょう。また、返済が滞ると親に知られてしまうこともあるので、支払いをきちんとすることも忘れないようにしましょう。