契約社員だとカードローンの審査はどうなる?

就業したてでなければ契約社員でもカードローンの利用ができることがほとんど

世の中にはたくさんのローン商品がありますが、その中でもカードローンは比較的審査が緩く、より多くの人にチャンスが開かれています。そのため、正社員として働いていないとしても問題なく審査にパスして利用することができます。カードローンの利用条件としては、安定した収入があることというものですので、非正規雇用であっても安定した収入さえあればいいのです。そのような意味で、契約社員は全く問題なくカードローンの利用ができます。もちろん、カードローンの利用額は年収などによって決まりますので、高い融資限度額を引き出すのは簡単ではありませんが、少なくてもカードローン利用自体は可能です。

ただし、カードローン会社によっては、現在の勤務先に入ってすぐの人の場合は、審査を厳しくすることがあります。まだ就業状況が安定しないと見て、とりあえず審査を保留としてしまうのです。そのため、もし今の職場の入ってすぐという場合であれば、半年くらい待ってから申し込みをした方が無難でしょう。というのも、カードローンは一度審査に落ちてしまうと、もう一度再申し込みをした時に印象が悪くなってしまうことが多いからです。一発で審査にパスするためにも、確実に通る状況になってから申し込んだ方が良いでしょう。


返済プランのことをしっかりと考えてから申し込む

契約社員であってもカードローンは問題なく利用できますが、どうしても融資限度額は低めに設定されてしまうことになります。もしかすると、思っていた額よりも低い設定となってしまう可能性もあります。そのような場合は、複数の会社に申し込んだり、消費者金融と銀行系のカードローンのどちらも申し込んでみたりして希望する額の資金を調達できます。しかし、複数の会社からのローンとなると、金利が全体で高くなってしまうというデメリットがあります。

当初の予定よりも金利が高くなって返済が長引くということもありえますので、カードローンを実際に利用する際には、きちんと返済に無理がないかを考えてプランを立てるようにしましょう。それぞれの会社で返済シミュレーションができるようになっていますので、事前に活用して毎月の支払がいくらかのか、どのくらいの返済期間となるのかをきちんと把握してから利用することが大事です。無理のない計画を立てると共に、より安い金利で借りられるところを選ぶことも意識しましょう。

「参考URL」